• School Guide

    学校概要
  • 沿革・校歌

本校の沿革

1929-1940
昭和4年
  • 日本大学工業学校創設開校
    初代校長 笠原敏郎 就任
  • 1929
昭和13年
  • 第2代校長 円谷弘 就任
  • 1938
1941-1980
昭和22年
  • 第3代校長 木村庄六 就任
  • 1947
昭和23年
  • 学制改革により定時制日本大学工業高等学校となる
  • 1948
昭和41年
  • 全日制日本大学工業高等学校として船橋市に開校
  • 1966
昭和49年
  • 日本大学習志野高等学校と校名変更
    第4代校長 武谷久雄 就任
  • 1972
昭和51年
  • 工業科募集停止
  • 1976
昭和52年
  • 第5代校長 野本義雄 就任
  • 1977
1981-2000
昭和61年
  • 3号館竣工
    第6代 鈴木冨保 就任
  • 1986
平成3年
  • 武道館竣工
    創設60周年記念式典挙行
  • 1991
平成11年
  • 第7代校長 原是 就任
    創設70周年記念式典挙行/校歌・応援歌制定
  • 1999
平成12年
  • 第8代校長 中西章 就任
    グラウンド拡幅工事・昇降口棟・女子部室棟完成
  • 2000
2001-2021
平成16年
  • 第9代校長 古澤廣 就任
  • 2004
平成19年
  • CST・GA・NPコース設定
  • 2007
平成20年
  • 石川貴雅奨学金記念碑建立
  • 2008
平成23年
  • 理工学部船橋キャンパス内に新校舎竣工
  • 2011
平成24年
  • 第10代校長 秋元光男 就任
  • 2012
平成26年
  • グラウンド全面人工芝工事完了
    テニスコート(人工芝オムニコート3面)完成
  • 2014
平成27年
  • 体育館への専用陸橋竣工
    第11代校長 倉又勇一 就任
  • 2015
平成28年
  • 体育館兼講堂改修工事完了
  • 2016
平成30年
  • ICT教育推進(第1期電子黒板設置)
  • 2018
令和元年
  • ICT教育推進(第2期電子黒板設置、生徒1人1台iPad導入)
  • 2019

校歌

平成11年、日本大学習志野高等学校創設70周年を記念して、本校校歌「鳥のように草のように詩のように」、ならびに応援歌「歓喜のうたごえ」が制定されました。 このページでは、本校校歌と、日本大学工科の歌をご紹介します。

鳥のように 草のように 詩(うた)のように

(作詞)岩谷時子 (作曲)山本直純

  • ここには 広い空がある
    光のなかを 翼ならべて
    とぶ鳥たちの 夢が知りたい
    友よ明るく 鳥のように
    未来の空へ 翔んで行こう

    ここには 若い風がある
    大地に根ざして ともに生きてる
    草木の声を 聞いてみたい
    友よ素直に 草のように
    強く逞しく 伸びて行こう

    ここには 四季の花がある
    自然の生命 たたえ咲いてる
    花咲く季節 胸にきざみ
    友よ優しい 詩のように
    いい思い出を 創りだそう

  • 鳥のように 草のように 詩(うた)のように
    00:00
    02:47

【日本大学工科の歌】若きエンヂニアの歌

(作詞・作曲)堀内 敬三

  • 昭煥(しょうかん)の日出づる 国こそわが祖国
    其の名をば担いて 聳ゆわが母校
    伸びゆく日本の 力は茲(ここ)に
    地を拓(ひら)き行く者 若きエンジニア

    青春に夢あり 宇宙に真理あり
    現実と理想を 結ぶもの我等
    科学の力と 不屈の意思を
    武器として進まん 若きエンジニア

    永遠の光を 現世に与うべく
    限りなき奉仕と 愛の心もて
    新たに幸ある 世界を築く
    わが腕に栄(はえ)あり 若きエンジニア

  • 【日本大学工科の歌】若きエンヂニアの歌
    00:00
    01:57