学校長挨拶

学校長 倉又勇一

「確かな未来」はいつも学びの中に
    ~自主創造の精神を求めて~

学校長写真

学校長
倉又 勇一

 

 本校は昭和4年(1929年),東京神田駿河台の地に,理工学部の前身である日本大学工学部の併設校「日本大学工業学校」として創設されました。昭和41年(1966年)に「日本大学工業高等学校」として現在の船橋市習志野台に移り,昭和49年(1974年)に現校名「日本大学習志野高等学校」になりました。約27,000名の卒業生が多方面で活躍しています。

 本校は日本大学の教育理念「自主創造」の精神に従い,大学が掲げる「日本大学教育憲章」のもと,「自ら学び」,「自ら考え」,「自ら道をひらく」能力を身につけ,人間性豊かな生徒の育成をめざしています。そして, 新しい社会の発展を担う人材育成に力を注ぐため,本校の資源である「教師力」と「組織力」を最大限に生かしていきます。授業や特別教育活動,学校行事,さらには部活動といったすべての教育活動の場において,生徒一人ひとりの能力に応じた効果的な指導を創意工夫しながら,学ぶことの大切さと喜びを体感できる取組を積み重ね,一人の人間として成長させるために全力を尽くす所存です。どうか,本校での3年間で生涯の友となるような多くの友人を見つけ,「確かな未来へ」向けて豊かな人間関係を築いていってください。