News&Topics―日本大学習志野高等学校

日大習志野高校からのお知らせ等を掲載いたしております。

記事一覧

3年生CSTMUプログラム成果発表会が行われました。(動画あり)

ファイル 1899-1.jpgファイル 1899-2.jpgファイル 1899-3.jpgファイル 1899-4.jpgファイル 1899-5.jpgファイル 1899-6.jpg

3年生CSTコースによるMUプログラム成果発表会が12月12日,本校2階ラウンジにて行われました。CSTコースの生徒たちは、3年次のMU(モチベーションアップ)プログラムとして,日大理工学部のそれぞれの志望学科に出向き,大学の先生方の指導のもと,テーマを見つけ研究しています。課題を見つけ,実地調査,制作,実験検証,結果考察までこの数か月間,まさに,自ら学び,自ら考え,自ら道をひらくという日本大学の教育理念を実践するプログラムに真剣に取り組んできた成果を見事に発表することができました。高校生のうちから大学での研究活動に触れ、さらに本格的な発表の機会を与えられることはCSTコースの最大の魅力です。理工学部長の青木義男先生,高大連携教育推進委員会委員長の轟朝幸先生をはじめ,多くの大学の先生方や,保護者の皆様にもご来場いただき,今まで多くのご支援とご協力を賜りまして,誠にありがとうございました。

①学校長より ②理工学部長 青木義男先生より ③高大連携教育推進委員会委員長 轟朝幸先生より ④~⑥成果発表の様子

*音声が出ますのでご注意ください。

2年CSTMU駿河台校舎見学会(動画あり)

ファイル 1896-1.jpgファイル 1896-2.jpgファイル 1896-3.jpgファイル 1896-4.jpgファイル 1896-5.jpgファイル 1896-6.jpg

12月10日,本校視聴覚室にて2年CSTコースの生徒を対象に,駿河台校舎見学会をオンラインで実施いたしました。例年は,駿河台キャンパスに足を運び,説明を聞きながら見学をさせていただいていますが,今年はコロナ禍でオンラインという形での実施となりました。理工学部14学科のうち8学科は2年次より駿河台キャンパスで学ぶことになります。駿河台キャンパスの校舎をストリートビューのように紹介していただいたり,駿河台キャンパスの先生と中継をつないでいただくなど,各学科の先生方のご協力で,船橋キャンパス内にいながら,駿河台キャンパスでの学びや研究について身近に,より深く感じることができました。

*音声が出ますのでご注意ください。

令和2年度第64回理工学部学術講演会にて本校3年生が発表しました。

ファイル 1895-1.jpg

令和2年12月2日(水),日本大学理工学部において「令和2年度第64回理工学部学術講演会」がメディアを利用したリモートにて開催されました。その中の高大連携教育セッションに,本校生徒が参加致しました。発表題目は「3Dプリンタを用いた四足歩行型レスキューロボットの開発」について発表をしました。質疑応答にも,堂々と答えることでき,大きな自信となりました。

日本大学理工学部のホームページ記事です。
https://www.cst.nihon-u.ac.jp/news/detail/20201203_734.html

2年CSTMUプログラム報告2020(10)

ファイル 1884-1.jpgファイル 1884-2.jpgファイル 1884-3.jpg

54期2学年CSTコースのMUプログラム「機械工学科」が11月11日,2年12組教室にて行われました。関谷先生から,機械工学科は「自動車」をはじめとしたものづくりの学科であること,そのためさまざまな分野において,必要とされる技術や知識が習得できることを学びました。大学へ入ってからは製図や工作実習などの授業があり,厳しいことを要求されますが,その分企業などからは引く手数多の学科であるということでした。MUプログラムも終盤に入り,生徒は学科選択について真剣に考えていました。

2年CSTMUプログラム報告2020(9)

ファイル 1883-1.jpgファイル 1883-2.jpgファイル 1883-3.jpgファイル 1883-4.jpgファイル 1883-5.jpgファイル 1883-6.jpg

54期2学年CSTコースのMUプログラム「交通システム工学科」が本校特別会議室とキャンパス内にて11月4日,実施されました。まず本校卒業生の伊東先生から,交通システム工学科の概要をお話しいただきました。理工学部内で唯一の「JABEE認定プログラム」が設置してある学科であること。また,土木工学やまちづくり工学を学びながら,特に「交通」に関することを学べることが特色であるという話を聞くことができました。講義の後、校舎外に出てセグウェイの試乗体験ができました。交通システム工学科の4名の先生から,セグウェイなどの歩行援助車両を紹介していただきました。「渋滞が発生してしまう原因」について,模擬演習を見ながら説明していただき,理論的に学ぶことができました。生徒はとても興味深く話を聞いていました。

ページ移動