News&Topics―日本大学習志野高等学校

日大習志野高校からのお知らせ等を掲載いたしております。

記事一覧

オープンキャンパス第1日目が行われました。

ファイル 579-1.jpgファイル 579-2.jpgファイル 579-3.jpgファイル 579-4.jpgファイル 579-5.jpgファイル 579-6.jpg

8月2日(土)、本校オープンキャンパス(第1日目)が日本大学理工学部船橋キャンパス「階段教室」・本校校舎を会場として行われました。学校長挨拶、理工学部長挨拶に続いて、会場内の大型スクリーンを使って、本校の特色・学校行事・27年度入試についてなどの説明が行われました。

①説明会場へ  ②学校長挨拶 ③理工学部長挨拶
④全体説明  ⑤新校舎見学(図書室) ⑥新校舎見学(美術室)

「中高生の科学部活動振興プログラム」報告(3)

ファイル 583-1.jpgファイル 583-2.jpgファイル 583-3.jpg

日本大学習志野高等学校化学部独立行政法人科学技術振興機構「中高生の科学部活動振興プログラム」
第3回化学実験講座
7月10日(木)13時~17時 東邦大学理学部教授 今井 泉先生と大学院生2名を講師にお招きし,第3回化学実験講座を行いました。初めに,2年生の2班が日ごろの実験をパワーポイントを使ってプレゼンテーションを行いました。研究テーマの一つの「置換フェノールフタレインの合成」は草木染染料の研究を発展させたものです。一番構造が単純なフェノールフタレインに置換基がついた化合物の性質を研究しました。オルト,メタ,パラの位置異性体によって,合成した置換フェノールフタレインの吸収波長に違いがみられます。また置換基の違いにより,呈色が異なりました。合成には,試薬の加熱の時間と攪拌にテクニックが必要でした。再現性が得られるまでに何回もやり直し,よい結果が得られました。
「いろいろな中和滴定」は,化学基礎の授業から,滴定曲線の㏗ジャンプに疑問を感じ実際に滴定曲線を描いてみました。酸の種類によって形が異なりました。
 実験の進め方,結果のまとめ方,発表方法など丁寧に御助言をいただきました。
その後,実験を行い,疑問点,問題点の指導を受け,今度の研究の展望が得られ有意義な講座となりました。

シェフィールド夏季語学研修<Award Ceremony②>

ファイル 578-1.jpgファイル 578-2.jpgファイル 578-3.jpgファイル 578-4.jpgファイル 578-5.jpgファイル 578-6.jpg

シェフィールドで過ごした約3週間の生活は、私達にとってかけがえのない経験となりました。シェフィールドで出会った人々や、お世話になったcollegeの先生方との会話は大切な思い出です。
Janette先生からスピーチを頂き、collegeでの生活を1人1人が振り返りました。
とうとう日本に帰国です。皆、それぞれの思い出と共に帰路につくことでしょう。

シェフィールド夏季語学研修<Award Ceremony①>

ファイル 577-1.jpgファイル 577-2.jpgファイル 577-3.jpgファイル 577-4.jpgファイル 577-5.jpgファイル 577-6.jpg

今日Award Ceremony(修了証書授与式)が行われました。生徒65名はJanette先生と力強い握手を交わし、修了証書を受け取りました。式はAll Englishで行われましたが、もはや生徒たちはNo problemです!教頭先生と団長によるスピーチはとても見事でした!生徒たちは英語に対する自信とともに、英国の文化、生活を通して人としてたくましく成長しました。日本に帰ったらどうなるのか... 楽しみです!