校歌

平成11年、日本大学習志野高等学校創設70周年を記念して、本校校歌「鳥のように草のように詩のように」、ならびに応援歌「歓喜のうたごえ」が制定されました。

このページでは、本校校歌と、日本大学工科の歌をご紹介します。

【校歌】鳥のように 草のように 詩(うた)のように

ここには 広い空がある
光のなかを 翼ならべて
とぶ鳥たちの 夢が知りたい
友よ明るく 鳥のように
未来の空へ 翔んで行こう

ここには 若い風がある
大地に根ざして ともに生きてる
草木の声を 聞いてみたい
友よ素直に 草のように
強く逞しく 伸びて行こう

ここには 四季の花がある
自然の生命 たたえ咲いてる
花咲く季節 胸にきざみ
友よ優しい 詩のように
いい思い出を 創りだそう


(作詞)岩谷時子 (作曲)山本直純

創設70周年記念

創設70周年記念CDジャケット

E0206261065


【日本大学工科の歌】若きエンヂニアの歌

昭煥(しょうかん)の日出づる 国こそわが祖国
其の名をば担いて 聳ゆわが母校
伸びゆく日本の 力は茲(ここ)に
地を拓(ひら)き行く者 若きエンジニア

青春に夢あり 宇宙に真理あり
現実と理想を 結ぶもの我等
科学の力と 不屈の意思を
武器として進まん 若きエンジニア

永遠の光を 現世に与うべく
限りなき奉仕と 愛の心もて
新たに幸ある 世界を築く
わが腕に栄(はえ)あり 若きエンジニア


(作詞・作曲)堀内 敬三

創設70周年記念

創設70周年記念CDジャケット裏

<曲を再生する>

若きエンヂニアの歌